小児鍼

小児鍼とは

喘息症状をよくしてあげたい。夜泣きで困っている。おねしょがなかなか治らない。などなど、お母さん方お困りではないでしょうか?
いつか良くなるだろうと思って辛抱したり、病院に行ったりとかあると思いますが鍼灸はいかがでしょうか?
鍼灸には小児鍼というものがあります。赤ちゃんの肌は大人の肌より刺激に弱く敏感です。
そのために大人用の鍼はとても使えません。小児鍼という刺激を減らした特別な鍼で治療してくれます。
まず脈診や触診をしてからどこに鍼を打つか決めます。ただ、赤ちゃんの脈は非常にとりづらい場合が多く、触診やその他から情報をかき集めて診断します。
なので、経験がものを言うのは間違いありません。また、鍼の清潔さを気にしがちですが、神経質な人は先に使い捨てを使用しているのか確認しましょう。
使い捨てではなくてもしっかり滅菌処理しているのでそんなに神経質になる必要もありませんが、、、
また大人の鍼灸のように刺すという感じではなく、なでるといった印象です。
お困りの方は一度行ってみてはいかがでしょうか?