鍼灸の四診

四診とは

四診という言葉は鍼灸の治療でもよく出てきます。この四診は東洋医学を用いるのであれば必ず必要になるものです。
鍼灸ないし、東洋医学では画像による診断や血液検査などはしません。よって科学技術に頼らずに人間のもっている力のみで診断する術です。
四診は望、聞、問、切のパートに分かれています。まず望診は主に目を使う診察法です。特によく見るところが眼です。眼の色合いやひかり具合をみます。
他には舌ですね。舌は健康状態をよく表すといわれています。
次は聞診です。書いての通り耳で聞く診察法です。声や呼吸の音を聞いて判断します。
声を聞くというのは同時に口臭などもチェックできます。
続いては問診です。これはどのお医者さんでもしますよね。どんな病気をしてきたか、好き嫌いや睡眠時間、嗜好などを聞いていきます。
そして最後に切診です。切診はちょくせつ患者のお肌に触って診察していきます。脈診や腹診が代表的ですよね。
この四診の中でも先生によって得意不得意があるみたいです。この四診は感性と経験に頼る部分が多いので向き、不向きもあって上手な先生に診てもらいたいですね。