鍼灸の五行

五行とは

鍼灸にのみならず、東洋医学の源流にながれる考えかたです。自然の流れを組み込んだこの五行は医術の世界で大きな影響をもたらしています。
遠い昔の人々は自然のすべての現象を、長い営みの中の経験から木、火、土、金、水と言う5つの性質に分けて相互の関係性を編み出していったのです。
この五つの関係性を五行と呼びます。
人体で五行に当てはまるのが、五臓六腑です。一度は聞いたことがある言葉だと思います。
また、この五行にはそれぞれの器官、季節、方角が決められています。

木は肝臓と胆のう、季節は、方角は東です。
火は心臓と小腸、季節は夏、方角は南
土は胃と脾、季節は土用(長夏)、方角は中央
金は肺と大腸、季節は秋、方角は西
水は腎臓と膀胱、季節は冬、方角は北と決まっています。

火の心臓と小腸が一緒とかこうしてみると面白いですよね。肺と大腸も変な組み合わせですよね。
この五行には親や子といった観点もあって相性の良しあしなんかもありそうですよね。もちろん医療だけではなく占いなどにもこの五行は利用されています。
昔の医療は占いから始めったためですね。神への祈りから、医術と占術に分かれて行った事がよくわかります。
鍼灸もこの五行の考えにもとづいた医術といったところでしょうか。